休めてもまた痛くなる野球肘
このような悩みを持つ選手が非常に多くいます。
☑治療しても投げたら痛い
☑投げ方やポジションを変えても痛い
突然このような症状が出たわけではありませんよね?
アイシング・マッサージ・ストレッチ・電気・シップ・テーピングで治らないのには理由があります。
☑ストレッチが痛くて出来ない
☑日常動作で痛い時がある
​なぜ野球肘になるのか?

肘は構造上曲げる、伸ばす、内に捻る、外に捻るしかする事ができません。投げるという動作は内に捻りながら肘を伸ばす動作になりますが、ボールの重さや肘の土台である肩や体幹や下半身などによって勢いがつきます。その時にそれに耐えられる最低限の筋力も必要ですが、それ以前に肘関節として正しく機能していなかったり、体幹や肩関節に対して正しい位置にないと遠心力をうまく利用できずに、無駄な力が肘にかかってしまい痛めてしまうので肘周辺の軟部組織に大きな負担がかかって炎症を起こしてしまいます。

当院では肘だけを治療をする事はありません。

野球肘に限った事ではないですが、肘が痛くなったのは結果です。

単純に投げ過ぎで痛くなる場合もありますが、休んでも治らないのは肘に負担をかけてしまう原因が必ず何処かにあります。指・手首・肩・股関節・胸郭などの可動域の問題や、可動域があっても力がうまく入らなければ関節がスムーズに動かずには動きません。なぜ肘に負担がかかったのかを調べてそこを改善しなければ本当の治療とは言えないと考えるからです。

野球肘の種類
これらの診断名は結果であり原因ではありません。
当院では炎症を早く抑える為に鍼灸治療と微弱電流を使い、整体で関節や筋肉の動きをスムーズにして、正しい動きを覚える為にリハビリトレーニングを組み合わせて早期改善を目的に施術を行います。
尼崎市尾浜町PersonalCare鍼灸整体院のLINE@の説明

~当院がおすすめされる理由~

◎実績・経験のある国家資格者による施術

厚生労働省認定の鍼灸師の免許とスポーツトレーナーとしてプロ野球選手などへの治療経験を活かし、悩みを解決するまで施術をおこないます。

◎再発防止・早期復帰の為の原因を改善

野球肘の場合患部に炎症が起きるのでそこを早く治すのはもちろんですが、長引く痛みや安静にしていれば治ると言われて患部だけ治療している場合、スポーツをしている以上いつまでたっても痛みが引かない事が多くあります。当院では再発防止も目的に初回で原因を見つけて治療を開始します。

◎海外・国内のプロアスリートも使用している治療器と酸素カプセルドームで治癒力を最大に上げる

肘の炎症をいち早く取り除く為に鍼灸・微弱電流・酸素カプセルドームを組み合わせて施術を行います。炎症のある期間が長いと感覚も悪くなり二次的な怪我に繋がる事もあるので早期復帰を目的にしています。
​肘のストレッチをしたら痛い野球肘は少し肘を曲げて行い、指、手首を大きく動かす。
✭院長ブログ✭

September 14, 2018

Please reload

〒661-0022
兵庫県尼崎市尾浜町3丁目20-12
     木谷ハイツ1階
パーソナルケア鍼灸整体院
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon