​肘内側側副靭帯損傷

野球やテニス、やり投げなど、物を持って腕を振る際、遠心力が加わり外側へ引っ張られ続けた結果、上腕骨と前腕の内側の骨(尺骨)を固定している靭帯に炎症が起き、無理をしてひどくなれば断裂を起こして内出血をする場合もあります。

この症状が出たのは肘が悪いから痛めたのではなく、ほとんどの場合は何処かの使い方や、使い過ぎの影響で負担がかかりすぎた結果です。
この場合肘に対してマッサージや電気、シップ、テーピングを貼ってもその時だけの対処療法であり早期に競技復帰して再発を抑える治し方ではありません。

当院の治療Point

​患部には早期に炎症を抑える為の治療

全身の動きを良くし患部に負担がかかりにくくする為の整体

すぐに競技や生活に戻れる様にリハビリトレーニングも並行

早期改善と再発防止の為のセルフケアの指導と提案

患部が痛くなった原因に対してもアプローチ

どのようなスポーツであっても、同じ動作の繰り返しや競技特有の偏った動作を続けたり身体にとって負担がかかることをしていると、一流のトレーナーをつけているプロアスリートでもケガはしてしまいます。
 

どの痛みの段階で治療を開始し、負傷直後にどのような適切な対処をするかで選手のその後のパフォーマンス、学生ならばスポーツ人生に大きく関わってきます。

中学生ぐらいまでは、大人の骨に比べて弱く、急激に伸びようとする時期もあり、筋肉や腱が骨の成長に追い付かず、バランスを崩し、その時に毎日のように厳しい練習をしていると痛みは身体のサインとして表れます。
 

当院の治療方針は問診時に何を優先的に行い、目的をしっかり決め、わかりやすく説明を行ってから施術を開始します。

✭院長ブログ✭

September 14, 2018

Please reload

〒661-0022
兵庫県尼崎市尾浜町3丁目20-12
     木谷ハイツ1階
パーソナルケア鍼灸整体院
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon