どうすれば最短で良くなるのか?

まず捻挫とは足首・膝・股関節・腰・首・肘・手首でも起こる靭帯を痛めてしまう事です。

 

足首の捻挫はスポーツ障害の中でも極めて多く、私生活の中でも多いケガ怪我でもあります。

ダッシュ・ストップ・ジャンプなどの急激な動きをする競技や、つまずいたり階段を踏み外したりして受傷します。


足首の構造上内側の方が大きく動きやすくなっているため、捻ってしまうのも土ふまずが上向きになり、外くるぶし(腓骨)からその下のかかとの骨(踵骨)やその前の骨(距骨)をつなぐ靱帯が、体重移動のコントロールミスなどによって過剰に引っ張られてその一部が切れたり伸ばされたりし、全部が切れて断裂をしてしまうこともあります。​

​対処法と一般的な復帰までの期間は?

軽度の場合は約二週間程で競技復帰できる事もありますが、重度になると靭帯が切れてしまい手術が必要な場合もあります。捻挫を出来るだけ早く治すには軽度でも重度でも適切な治療が重要です。


受傷直後に基本的な自分でできる処理はRICE処置(※1)
 

要するにビニール袋に氷を入れて患部にあてて圧迫し心臓より高い位置で安静に保つ。

アイシングの時間は15分間行い、一度時間を約30分ほどあけてすぐに熱感や腫れ痛みを感じるようであれば、もう一度同じように行う。


「捻挫は癖になる」とよく言われますが、痛みがなくなっただけでは元の状態に戻ったとはいえません。


関節としての機能を戻ししっかりと痛めた靱帯をカバーできるような筋力とバランスをリハビリで行わないと何回も同じところを痛めてしまう可能性が高いからです。

 

※1 REST:安静、ICE:冷却、COMPRESSION:圧迫、ELEVATION:挙上

捻挫をした時の痛い部位の状態
過剰に伸ばされた靭帯は微細に細胞が破壊され出血を起こします。
​破壊された細胞の回復には大量の酸素が必要になってきますが周りの毛細い血管も破壊されている為酸素の供給ができにくい状態になっています。
痛みをかばう為に炎症が起きていない足首の動きも制限されて固まろうとし全身のバランスも崩れ、その状態が長く続くと復帰したときに怪我をしやすい状態になりやすいです。
​捻挫を早く治す当院の治療Point

​足首患部には早期に炎症を抑える為の鍼と微弱電流と手技

全身の動きを良くし患部に負担がかかりにくくする為の整体

怪我中でもできるトレーニングも提案

早期改善と再発防止の為の足首の制限解除

​細胞の回復を早める酸素カプセル併用

靭帯や腱、関節内の炎症部位に対して炎症が早く治まる施術を行い歪みが出た部分を戻す事によって早期復帰が可能になります。これらを1回の治療で行います。

当院の足首の捻挫の施術費は15,000円です。

1回◯◯円ではなく競技復帰するまでの料金です。
症状や捻挫する前の状態にもよりますが2回~6回が平均になります。
​鍼灸・整体・微弱電流・酸素カプセルドーム・テーピング固定・リハビリ費用全て込みです。
小学生以下は12,000円です。
症状が軽い場合、1~2回で競技復帰出来ると判断させて頂いた場合はご相談の上通常料金で施術を提案いたします。
骨折や靭帯断裂の可能性がある場合は先に整形外科での診断をお願いする場合があります。
判断にお困りの場合はLINE@から出来るだけ詳しい症状と画像・動画等を添付して頂きご相談して頂けます。
尼崎市尾浜町PersonalCare鍼灸整体院のLINE@の説明

どのようなスポーツであっても同じ動作の繰り返しや、競技特有の偏った動作を続けたり身体にとって負担がかかることをしていると、一流のトレーナーをつけているプロアスリートでもケガはしてしまいます。
 

どの痛みの段階で治療を開始し、負傷直後にどのような適切な対処をするかで選手のその後のパフォーマンス、学生ならばスポーツ人生に大きく関わってきます。

中学生ぐらいまでは、大人の骨に比べて弱く急激に伸びようとする時期もあり、筋肉や腱が骨の成長に追い付かず、バランスを崩し、その時に毎日のように厳しい練習をしていると、痛みは身体のサインとして表れます。
 

当院の治療方針は問診時に何を優先的に行い、目的をしっかり決めわかりやすく説明を行ってから施術を開始します。

✭院長ブログ✭

September 14, 2018

Please reload

〒661-0022
兵庫県尼崎市尾浜町3丁目20-12
     木谷ハイツ1階
パーソナルケア鍼灸整体院
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon